よく頂くご質問

商標権を取得するメリットは何でしょうか?
  • 商標を独占して使用できるようになります。
  • 権利取得した商標で検索された場合に、インターネット上で1位に表示されやすくなります。
  • 商標権を取得した範囲で、他者から、商標権の侵害をしていると訴えられるリスクがなくなります。
  • 商標ブローカーに商標権を取得されて、取得された商標権を高額で売り込まれる心配がなくなります。
  • 商標権をサービス名について取得した場合、当該サービスの第一人者と認識され、ブランディングしやすくなります。
  • 取引先からの信用度が向上します。
登録までの全体の流れを教えてください。

全体の流れとしましては、まず、ご依頼頂いた後に商標調査をいたします。
調査の結果、権利化可能性が高い場合は、商標登録出願をします。
その後、特許庁による審査を経て登録という流れになります。
仮に、調査の結果、出願ができない場合には料金は発生しません。
具体的な流れは、「商標登録申請の流れ」のページをご覧ください。

商標登録にかかる期間はどのくらいでしょうか?

商標出願をしてから6ヵ月程度です。
なお、早期審査制度を利用することで、2ヵ月~3ヵ月に短縮することが可能な場合があります。

費用はどのタイミングで発生するのでしょうか?

①出願時費用は、弊所費用が、49800円+税、特許庁に納める実費(特許印紙代)が、12000円(1区分の場合)必要です。

 

②登録時費用は、登録時の弊所成功謝金は0円、特許庁に納める実費(特許印紙代)特許印紙代が、16400円(5年)となります。仮に、出願しても登録に至らない場合は、②の費用は発生しません。

遠方でも対応は可能でしょうか?

弊所では全国対応しております。
遠方の場合、お打ち合わせをメールやお電話にて行います。十分な意思疎通をした上で、商標の申請をさせて頂いております。

ロゴと文字のどちらで権利化した方が良いのでしょうか?

両方を出願した場合、費用も高額になってしまうため、詳細に検討をした上で、本当に必要なものだけを出願することが極めて重要です。基本的には顧客(エンドユーザだけでなく、取引先も含みます)の目に触れる頻度が高いものについて権利化することが効果も高く、ロゴを作成している場合は、ロゴで出願することが望ましいです。一方で、ロゴのデザインを変更した場合、再度出願し直さなければならなくなるため、将来的にロゴのデザインを変更する予定がある場合は、文字で出願した方が良いです。